日本音楽療法学会
音楽療法の定義ならびに教育理念
音楽療法の定義
音楽療法とは、「音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」をさすものとする。
音楽療法の目的
  1. 良き音楽療法士として必要な基本的知識と基本的技能を修得し、将来、音楽療法士、音楽療法研究者、教育者などの音楽療法関連領域に発展する素養を身につける。
  2. 自らの問題を的確に捉え、音楽療法分野のみならず、自然科学的、社会科学的、心理学的方法を統合し、適切に解決する能力を修得する。
  3. 知識、技能、態度を自ら評価し、生涯を通じて自学自習を続け、それらを向上させる態度、習慣を身につける。
▲このページのトップへ
個人情報保護方針 (C) Copyright 2004 by Japanese Music Therapy Association. All rights reserved.
当サイトは(一社)日本音楽療法学会の公式サイトです。
学術大会、講習会など、日本音楽療法学会公認の情報をご提供しています。
当サイトは、日本音楽療法学会が、公認する情報をご提供するサイトです。
言い換えればこのサイト以外のいかなるサイトで、類似した情報が掲載されたとしても、日本音楽療法学会とは無関係です。
また、このサイトに掲載している記事および画像を無断転載することを禁じます。