Conference 第19回日本音楽療法学会学術大会

参加申込み

参加内容変更・取消

各種発表応募・宿泊予約

日程

第19回学術大会シンポジウム開催日時の変更(9月22日→9月21日)について

1) 講習会のご案内

講習会委員会

大会テーマ《研究と臨床の深化~多様なニーズに応えるために~》に基づき、一つのテーマを連続で受講することで、学びをより深められるようにしました。
『研究』では統計を用いた研究方法を体系的に学びます。『命』『神経疾患』では理論や倫理・哲学と実践の両方を学べるように企画しました。また、パーキンソン病につきましては、講義とワークショップを連続受講することで、見識が深まるようにしました。『連携』では音楽療法士が多様なニーズに応えるために、どのように連携すればよいのかを学びます。
『ワークショップ』は、毎年すぐに満席となりますので、同じワークショップを2枠ずつご用意し、できるだけ多くの方に受講していただけるようにしました。また、『本部企画』としまして、「研修・講習委員会」2コマ「資格制度検討特別委員会」2コマの講習もございます。
多くの講習会をご用意いたしましたので、どうぞ楽しみながらお選びください。

第1講 10:30~12:00
申込番号 当日申込受付  
1-A
研究
× 統計学の役割
~なぜ統計解析が必要なのか、研究方法とデータの集計~
長谷川 裕紀
武庫川女子大学 生活環境学部
1-B
神経疾患
認知症を生きる人との対話 都村 尚子
関西福祉科学大学大学院
社会福祉学研究科
1-C
× いのちに寄り添う音楽の存在 小田切 佳仁
医療法人どちペインクリニック
玉穂ふれあい診療所
1-D
連携
高齢者医療と音楽療法 坂本 勇二郎
医療法人篤友会 坂本病院
1-E
ワークショップ
× ジェンベのリズムを使った打楽器アンサンブル
~リズムと音のハーモニーを感じ奏でる~
横沢 道治
タムタムカンパニー
1-F
ワークショップ
× 身体を使ってリズムde 元気いっぱい!
~楽しいボディパーカッション~
山田 俊之
九州大谷短期大学
1-G
本部企画
× 質的研究法:
グラウンデッド・セオリー・アプローチ入門1
戈木クレイグヒル 滋子
慶應義塾大学
看護医療学部 健康マネジメント研究科
第2講 13:00~14:30
申込番号 当日申込受付  
2-A
研究
× データのグラフ化、平均とばらつき
~データの全体像を把握し、要約する~
長谷川 裕紀
武庫川女子大学 生活環境学部
2-B
神経疾患
パーキンソン病の理解
~脳の機能を考慮した介入方法~
講義(パーキンソンダンスと関連)
高畑 進一
大阪府立大学
地域保健学域総合 リハビリテーション学類
2-C
寄り添いの本質
~死生学の立場から~
藤井 美和
関西学院大学 人間福祉学部
2-D
連携
× 兵庫県における認知症高齢者に対する
音楽療法活用の現状
~認知症高齢者が暮らしやすい
地域づくりの視点から~
吉井 絢子
兵庫県健康福祉部 健康局認知症対策室
2-E
ワークショップ
× ジェンベのリズムを使った打楽器アンサンブル
~リズムと音のハーモニーを感じ奏でる~
横沢 道治
タムタムカンパニー
2-F
ワークショップ
× 身体を使ってリズムde 元気いっぱい!
~楽しいボディパーカッション~
山田 俊之
九州大谷短期大学
2-G
本部企画
× 質的研究法:
グラウンデッド・セオリー・アプローチ入門2
戈木クレイグヒル 滋子
慶應義塾大学
看護医療学部 健康マネジメント研究科
第3講 14:50~16:20
申込番号 当日申込受付  
3-A
研究
× 統計学的検定の基礎
~データを比較し、その結果を適切に解釈する~
長谷川 裕紀
武庫川女子大学 生活環境学部
3-B
神経疾患
認知症の医学的特性と音楽療法について考える 柿木 達也
兵庫県健康福祉部 健康局認知症対策室
3-C
ひと・いのち・社会
~生命倫理の立場から~
位田 隆一
滋賀大学
3-D
連携
× 音楽療法を伝える力
~他職種の理解を深める方法論~
北脇 歩
同志社女子大学
3-E
ワークショップ
× 音楽と心体の関連性
~今、最も大切なこと~
田島 隆
タンバリン奏者
3-F
ワークショップ
× パーキンソン病の理解
~脳の機能を考慮した介入方法~
パーキンソンダンス
橋本 弘子
森ノ宮医療大学
保健医療学部 作業療法学科
3-G
本部企画
× スーパーバイザー養成講座
~基礎編Ⅰ-1~
資格制度検討特別委員会
第4講 16:40~18:10
申込番号 当日申込受付  
4-A
研究
× 「研究発表の抄録原稿の作成要領」
~書き方の要点~
大前 哲彦
元・大阪体育大学教育学部
4-B
神経疾患
筋委縮性側索硬化症(ALS)と 音楽療法
【仮題】
近藤 清彦
相澤病院 脳卒中脳神経センター
相澤東病院診療部
4-C
スペシャルキッズ(からだに重い病気や障がいがある子ども達)に必要なこと
~心とからだを支える音楽療法への期待~
岡崎 伸
大阪市立総合医療センター 小児神経内科
4-D
連携
聴覚の発達と音楽 呉 東進
京都大学大学院 医学研究科
4-E
ワークショップ
× 音楽と心体の関連性
~今、最も大切なこと~
田島 隆
タンバリン奏者
4-F
ワークショップ
× パーキンソン病の理解
~脳の機能を考慮した介入方法~
パーキンソンダンス
橋本 弘子
森ノ宮医療大学
保健医療学部 作業療法学科
4-G
本部企画
× スーパーバイザー養成講座
~基礎編Ⅰ-2~
資格制度検討特別委員会

2) 講演

◆講演 9月21日(土)
音楽心理学の現在~「同質の原理」をめぐる研究動向など~

星野 悦子(上野学園大学音楽学部特任教授)

◆特別企画 9月21日(土)
対談 「音楽の力」
佐渡 裕(指揮者)、益子 務(武庫川女子大学名誉教授、声楽家)

3) ランチタイムパフォーマンス  9月21日(土)・22日(日)

4) シンポジウム 9月21日(土)

国家資格推進委員会 「国家資格は今 -2-」

5) ビギナーフォーラム

ビギナー支援の企画を開催いたします。

6) 自主シンポジウム 9月21日(土)・9月22日(日)

詳細につきましてはこちらをご覧ください。

7) 研究発表 9月21日(土)・9月22日(日)

詳細につきましてはこちらをご覧ください。

(1)自由研究  (2)課題研究

8) 交流会 9月21日(土) 18:30~20:30

会場:リーガロイヤルNCB  参加費:5,000円  募集人数:250名

※交流会は定員に達したため受付終了となりました。

PAGE TOP