Music therapist音楽療法士

音楽療法士とは

音楽には、人の生理的、心理的、社会的、認知的な状態に作用する力があります。音楽療法では、活動における音楽の持つ力と人とのかかわりを用いて、クライエントを多面的に支援していきます。言語を用いた治療法が難しいクライエントに対しても有効に活用できる方法です。

図

音楽や音楽療法活動の効果

音楽療法の活動は、クライエントの「より良い生活(QOLの向上)」につながります。

図

音楽療法士の仕事と対象

音楽療法士は、次のような場所で仕事をします。対象年齢は乳幼児から高齢者まで幅広く、健常な人から重度の障がいのある人までと、様々です。

図

音楽療法の目的

クライエントのニーズによる様々な目的の例

図

音楽療法士の資格

現在、民間の資格です。数種類の音楽療法士の資格がありますが、日本音楽療法学会では、認定校の卒業生に対し、認定のための試験の受験資格を与え、筆記試験と面接試験を経て、「日本音楽療法学会認定音楽療法士」の資格を与えています。

認定校では、音楽療法士になるための3年以上の教育が課せられます。3年制の専門学校と、4年制の大学があります。

社会人に対しては、一定の受講条件を満たす人については、学会が提供する認定講座を受講し、筆記、面接試験に合格し、資格を得る制度があります。

音楽療法士に必要な知識や技術

音楽療法士は、働く場所により、医療、福祉、教育などの専門職であると同時に、「音楽の専門家」です。したがって、高度な音楽の知識や技術が必要です。

音楽療法士になるためには、次のようなことについて学びます。

図

音楽療法の方法

音楽療法には、能動的な方法と、受動的な方法があります。また、グループでセッションをする場合と、個別で行う場合があります。

図

PAGE TOP